借金とブラックリスト

よく、「借金を長く延滞したり、自己破産をしたらブラックリストに載る」という話を聞きますが、この「ブラックリスト」とはどのようなものなのでしょうか。 ブラックリストとは俗称で、信用情報機関が作成・保管している「個人信用情報」と言われるデータのうち、事故情報として登録されているデータのことを指します。 このような信用情報を作成する目的は、金融会社が融資にあたり、その人が返済できる人かどうかを判断する材料とするためです。

信用情報機関のデータベースに登録される情報は、大きく分けて、個人を特定するための情報と、個人の経済活動に関する情報の二つがあります。 また、個人の経済活動に関する情報には、借金の契約内容についての情報(取引情報、俗に言うホワイト情報)と、借金の返済における情報(事故情報、俗に言うブラック情報)があります。

事故情報には、長期間に及ぶ延滞や債務整理などの情報が登録されます。この信用情報に登録されている期間は、五年から七年程度のようですが、信用情報機関によっても多少異なります。 事故情報が登録されている間、銀行や消費者金融などからの借り入れは通常不可能になります。

特に借金を延滞したり、債務整理を行ったわけでもないのに、金融機関に行って融資を申し込んだら断られてしまった、という場合、間違った情報が信用情報機関に登録されていると考えられます。 登録されている信用情報については、本人は開示請求が可能です。もし情報が事実と異なっていた場合は、信用情報機関に対し、情報の訂正・削除を求めることができます。

[特集]
借金の返済相談や債務整理の相談などを無料で出来るサイトです・・・借金の返済

Copyright © 2014 借金の長期延滞や自己破産はブラックリストに載る? All Rights Reserved.